>

処分する方法を見つけよう

家電を譲る人を探そう

いらない家電があったら、周囲の人に譲ってください。
自分は必要としていなくても、他の人は必要としているかもしれません。
親戚や友人、仕事の同僚に聞いてください。
聞く時は、無理に家電を押し付けないように気を付けてください。
大きな家電はスペースを確保しなければいけないので、簡単に決めることはできません。

まずは自宅に招いたり写真を見せたりして、家電の情報を伝えましょう。
目で確認することで、本当に必要なのか判断してもらえます。
相手が欲しいと言ったら、譲ってください。
たくさん欲しいと言っている人がいると、譲り手同士で揉めてしまう可能性があります。
いきなりいろんな人に聞かないで、順番に聞くとトラブルを回避できます。

知り合いに譲渡する時の注意

譲渡する際は、無料でも有料でも良いでしょう。
相手とよく話し合って、納得する形で譲渡を進めてください。
高額な金銭を要求することは、絶対に控えてください。
今回を機に、関係性が悪化してしまう可能性があります。
知り合いと余計なトラブルを起こしたくない人は、無料で家電を譲渡するのがおすすめです。
ですが家電がまだ新しく、無料で譲ることに抵抗を感じている人がいるでしょう。

その場合は、一旦売る時の相場を調べてください。
大体その価格か、相場よりも安い価格で売るとトラブルは起きません。
知り合いに譲渡する場合は、お金を得ることよりも家電を処分することの方が大事だと考えてください。
無料でも、もらってくれる人を探しましょう。


この記事をシェアする